ミカルディスの効果

血圧剤であるメインメートの特徴

血圧剤の一つであるメインメートは、β遮断薬と呼ばれるタイプの薬になります。
この薬の特徴には、交感神経による心臓への刺激を抑えて、心臓の働きをゆるやかにする作用があることが挙げられます。
そのため、心臓の脈拍を抑えたり不規則な脈を整えることによって、血圧を下げる効果を示します。
β遮断薬はβブロッカーと呼ばれることもあります。

有効成分は、ビソプロロールフマル酸塩です。
ビソプロロールフマル酸塩は、心臓にあるアドレナリンの受容体であるβ1受容体を遮断することで、交感神経の刺激が心臓に伝わることを妨げます。
その結果として、心臓の過剰な運動が抑えられることになり、血圧降下作用を示すことになります。

また、心臓以外への作用が少ないことも特徴です。
アドレナリン受容体にはいくつかの種類があり、血管や気管支にはβ2受容体が存在します。
しかし、有効成分であるビソプロロールフマル酸塩はβ1受容体にのみ働くため、気管支喘息や糖の代謝障害などの副作用が出にくくなっています。

さらに、内因性の心臓刺激作用もありません。
β遮断薬のなかには、アドレナリンのβ受容体を刺激する作用を持っているものもありますが、メインメートにはこうした作用がないため、心臓への負担が少ない血圧剤となっています。

メインメートは作用時間が長いため、高血圧症の治療に使う場合には1日1回の服用で効果を得ることができます。
また、水溶性であるため吸収や代謝が遅く、薬の成分の多くは腎臓から直接排出されます。
脳内にも入りにくいので、うつ症状や気分の変調といった中枢性の副作用も起こりにくくなっています。

主な副作用には、血圧が下がることによるめまいやふらつき・倦怠感などがあります。
また、人によっては脈拍数が下がる徐脈の症状がひどくなるケースもあります。
むくみや体重の増加などを起こすこともあります。とくに高齢の人や腎臓・肝臓が悪い人は注意するようにしてください。

メインメートは狭心症や不整脈の治療にも使用される

メインメートは高血圧症の治療薬としてだけでなく、狭心症や不整脈の薬として使われることもあります。
β遮断薬であるメインメートは、運動をしたときの心拍数や心収縮力、心筋細胞の酸素消費量を減少させる働きがあります。
そのため、歩行や運動によって発作が起きる労作狭心症を治療するときの第一選択薬となっています。

狭心症にかかっている人では、心臓に流れている冠動脈が細くなっているため、心筋細胞へ十分な量の血液が行きわたらなくなっています。
そのため、運動をしたときには心筋細胞に過度な負担がかかり、胸の痛みや圧迫感などの発作を引き起こすことになります。
むしろ、薬効の心臓の脈拍数を減らす作用が心筋細胞への負担を軽減し、狭心症の発作によって起きる痛みや圧迫感などの症状を軽減してくれます。

また、不整脈の治療薬としても有効な薬です。
不整脈にはいくつかのタイプがありますが、そのなかでも脈が速くなる頻脈タイプの不整脈に効果の高い薬となっています。
メインメートは、心臓が脈を打つ回数を減らしてくれるため、頻脈の症状が抑えられて血液の流れを調節することができます。
また、血液循環を改善して乱れた脈を整えるという効果もあります。

狭心症や不整脈といった心臓の病気にかかっていると、心筋梗塞や心不全といった重大な病気に進展してしまう危険性があります。
メインメートは、心臓への負担を減らして心筋細胞に十分な血液を送ることで、こういった心臓の病気が悪化することを防いでくれます。

狭心症や不整脈の薬として使用する場合には、ビソプロロールフマル酸塩として5mgのものを1日1回服用するようにします。
これは、高血圧症の治療薬として使う場合と同じ用量になっています。
なお、症状によっては服用量を増量したり、減量することも可能です。
ただし、心臓の薬であるジギタリスや抗不整脈薬などと併用している場合には、徐脈の副作用が起きやすくなるので注意するようにしてください。