ミカルディスの効果

血圧剤であるノルバスクの特徴

血圧剤の一つであるノルバスクには、血管を広げて血圧を下げるという働きがあり、高血圧の治療薬として使われています。
ノルバスクは、いくつかある血圧剤のなかでもカルシウム拮抗薬に分類される薬です。
カルシウム拮抗薬は、副作用が比較的少なく血圧を下げる効果も高いため、高血圧を治療するさいの第一選択薬の一つとなっています。

ノルバスクの有効成分は、ジヒドロピリジン系のアムロジピンです。
アムロジピンは、カルシウム拮抗薬のなかでも血管拡張効果や降圧効果が高いのが特徴です。
また、心臓への負担が少なく、心筋の収縮を抑えて心臓を休ませるという働きも持っています。
血圧を下げるだけでなく、身体全体の血管を広げる働きを持っているため、高血圧以外の様々な病気の治療に使われることもあります。

カルシウム拮抗薬というのは、細胞膜にあるカルシウムチャネルに働いて、細胞へのカルシウムイオンの流入を防ぐ薬です。
そうすると、血管平滑筋の収縮が抑えられて血管が圧迫されなくなるため、血管が広がって血圧が下がるという作用を示します。
カルシウム拮抗薬の一つであるノルバスクは、血管選択性が高いことが特徴で、高血圧の患者さんに幅広く処方されている薬になります。

高血圧の治療薬としてノルバスクを使用する場合には、通常1日1回だけの服用で効果を発揮します。
血液中の半減期が長く長時間作用するため、1日を通して血圧をコントロールしたい人に適しています。
また、前日に飲んでおけば翌日まで効果が持続するので、朝に血圧が上がりやすいモーニングサージ・タイプの人にも向いています。

ノルバスクは安全性が高く、血糖値や尿酸値、血液中の脂質への影響も少ない薬です。
そのため、年齢を問わずに幅広く使用することができ、大人だけでなく子供もこの薬を飲むことができます。
ノルバスクは、飲んだ後にゆっくりと効果が現れるため、服用した直後に血圧が下がり過ぎるという副作用もあまりありません。

ノルバスクの副作用で多いのは頭痛と動悸

ノルバスクの主な副作用としては、頭痛や動悸、顔面の紅潮やほてり、めまいなどをあげることができます。
また、全身の血管を拡張する効果が高いため、長く飲み続けていると手足のむくみが起きることもあります。
このなかでも比較的起こりやすいのが、頭痛や動悸などの副作用です。

頭痛や動悸の症状は、薬が神経や心臓を直接刺激することによって起きているわけではありません。
これらの副作用も、薬の有効成分によって血管が拡がり過ぎることによって引き起こされます。
そのため、頭痛や動悸がひんぱんに起きるという人は、血圧が下がり過ぎている場合もあるので、病院で血液や循環器系の検査をしてもらうと良いでしょう。

ノルバスクの有効成分であるアムロジピンは、手足や心臓だけでなく、脳の血管にも作用します。
脳の太い血管のまわりには、三叉神経と呼ばれる大きな神経が取り巻いています。
そのため、脳の血管が拡張してこの神経を圧迫すると、神経ペプチドという痛みの原因となる物質が放出されて、頭痛を感じる原因となるのです。

また、ノルバスクは全身の血管を拡張する働きの高い薬です。
血管が拡張すると血液の量も増加するため、全身に血液を送り出す心臓のポンプ機能にも大きな負担がかかることになります。
心臓に過剰な負担がかかると、ドキドキしたり、脈が急に速くなったりする動悸の症状が現れることになります。
動悸がひんぱんに起きる場合には、病院で心電図などの検査を受けたほうが良いでしょう。

薬の飲み合わせや食べ合わせによっては、頭痛や動悸の副作用が強く出てしまう場合もあります。
とくに、グレープフルーツジュースを飲むことや飲酒は避けたほうが良いです。
グレープフルーツジュースは、有効成分であるアムロジピンの血中濃度を上げてしまうため、副作用が強く出る危険性があります。
また、飲酒によって動悸やめまいの副作用を増悪してしまうことがあるので注意してください。