ミカルディスの効果

ミカルディスの副作用について

高血圧の治療に用いられることの多いミカルディスですが、副作用もあるので、その内容を含めて知ったうえで利用することが大切です。
特徴としては従来のACE阻害薬に近いものになっていて、こちらの系統が処方されることが増えています。
しかし、薬というのは体にさまざまな効果を与えることによって、症状を改善することができますが、時として拒否反応が出ることもあるので注意が必要です。
メリットとデメリットを詳しく知っておくことで、安心して使えるようになります。

ミカルディスは従来のACE阻害薬に良く見られた「咳」の副作用がほとんどなく、その他に関しても比較的少ないのが特徴です。
ただし皆無ではないため、知っておくと不調を起こした時に原因を見つけやすいので安心できます。
咳に関しては気にしなくてよく、軽いものですが、体のだるさ・めまい感・ふらつき・頭痛などが起こりやすいのが特徴です。
ただこれらはミカルディスを服用し続けると、徐々に慣れてきて症状が出なくなってきます。
ただし酷い時や、長く続く時には医師に相談してください。

重い副作用はほとんどありませんが、時として薬が効きすぎて血圧が過剰に下がり、強いめまいや立ちくらみを起こすことがあります。
さらに失神などの一過性の意識消失も報告されているので、高齢の人や血液透析中・厳重な減塩療法中・夏季脱水時・また利尿剤など他の薬を併用している時は注意が必要です。

めったにありませんが初期症状として重い副作用が出ることがあり、ふらつき・冷感・吐き気・嘔吐・気を失う・冷汗・手足の冷え・しびれ・顔面蒼白・蕁麻疹などがあります。
また肝臓が悪くなることもあり、定期的に肝機能の検査を受けた方が良いかもしれません。
顔や口が腫れあがる重篤な欠陥浮腫も報告されているので、飲みはじめてすぐは体調の確認をしっかりと行うことが重要です。
そして違和感があった時には、すぐに医者の診察を受けてください。

ミカルディス服用後は安静にしている方がいい

ミカルディスは副作用が少ないのが特徴ですが、それでも皆無ではなく、時として飲みはじめた初期に重篤な問題が発生することもあります。
それ以外にも軽度なめまいやふらつき、頭痛などは起こりやすく、服用後は安静にしている方がいいです。
できれば飲みはじめてすぐの時は自宅でゆっくりと過ごすことが望ましく、症状が出た時に対処できる状態にあると安心できます。
特に飲みはじめはめまいや立ちくらみが多いので、ゆっくりとした動作を心掛けてください。

気を付けたいのはミカルディスを飲みはじめてすぐは車の運転をしないことと、高所での危険な作業は避けることです。
ふらつきやめまいが起こると命の危機となるので、飲みはじめてすぐはこれらの行動は避けた方が安全だと言えます。
特に初期は体が受け付けず副作用を起こす可能性が高いので、ゆっくりと安静に過ごせる環境を整えることも大切です。

ただし飲みはじめて少し経つと体が薬に慣れてきて、だいたいの人はめまいなどを起こさないようになります。
重度な副作用も最初の段階を過ぎると大部分は起こらなくなるので、飲みはじめてすぐは安静にする必要がありますが、その後は普段通りの生活を送ることが可能です。
慣れると車の運転や高所での作業も問題なく行えるので、飲み始めてしばらくの間だけは注意してください。

社会人として働く中で安静にしている時間を融通するのは難しいですが、自分自身の安全性を高めるために安静期間は必要となります。
土日が休みならそれを利用したり、有給を活用したりするなど、できる範囲で少しでも休める時間を得てからミカルディスを服用しましょう。
しっかりと対処することで、初期に副作用が出ても大きなトラブルにならずにすみます。